デトランスαの全成分を徹底調査!|副作用の原因とは?

デトランスαの全成分を徹底調査!|副作用の原因!?

 

 

 

大人気のデオドラントのデトランスαですが、
副作用としてかゆみなどがあることが有名ですよね。

 

そうなるとデトランスαの成分は本当に安全なのか気になってしまいますよね。
ですので今回はデトランスαの副作用について探るため全成分を調べてみました。

 

最後までデトランスαの真実を知れちゃいますのでぜひ最後までじっくりご覧ください。

 

デトランスαの全成分

 

アルコールデナ、アルミニウムクロリッド(塩化アルミニウム)、アルミニウムラクタート(乳酸アルミニウム)、トリイドクシステアリン、
グリセリルステアラット、スラミクロクリスタリン、セチルパルミタット、プロピレングリコル

 

なんだかカタカナ言葉ばっかでごちゃごちゃですよね((+_+))
ですので一つづつどんな成分か紹介していきます。

 

アルコールデナ

アルコールデナはデトランスαを中和して、肌への刺激を抑えてくれる役割があります。
またすぐに蒸発しやすいことが特徴で、塗ったときの乾きをよくするために使われています。

 

アルミニウムクロリッド

海外ではこのように呼ばれていますが、
日本では塩化アルミニウムという名称の成分です。

 

デトランスαの特にメインとなる成分で、強力な制汗作用があると知られている成分です。

 

この成分が汗が出る部位の汗腺に働きかけて、ふたを作って、汗を止めてくれる働きがあります。

 

また汗腺に働きかけて縮めてくれる作用もあります。

 

アルミニウムラクタート

塩化アルミニウムのふたを作るときの酸を中和してくれる働きがあります。
日本名では乳酸アルミニウムとして知られています。

 

トリイドクシステアリン

化粧品などで用いられていて、抗酸化作用があります。

 

グリセリルステアラット

水と油の混ざりを良くするために使われている乳化剤で、乳液などにも含まれています。

 

スラミクロクリスタリン

紫外線や熱に強い乳化剤として知られていて、グリセリルステアラットの乳化を安定させる働きがあります。

 

セチルパルミタット

デトランスαを塗ったときの使い心地を良くするために用いられている成分です。

 

プロピレングリコル

保湿作用や乳化剤として使われています。化粧品やシャンプーなどにも含まれている成分です。

 

副作用の原因の成分とは?

 

 

デトランスαには口コミなどでも有名ですが、
かゆみや肌荒れなどの副作用があることは有名ですよね。

 

じゃあこの副作用は結局のところ何の成分が原因なのかというと
アルミニウムクロリッド(塩化アルミニウム)という成分が原因です。

 

塩化アルミニウムは先ほども説明した通り、
デトランスαのメインとなる成分で、汗腺にふたを作り、汗をシャットアウトしてくれる働きがあります。

 

ですが汗腺の中の水と反応するときに同時に生み出してしまう酸によって、
かゆみや肌荒れが起こってしまうのです。

 

副作用はやばい?

 

副作用の原因となる塩化アルミニウムが入っているからデトランスαを使うのを止めよう・・・
なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

実は色々なブログで紹介されているデトランスαの副作用には大きな間違いがあります。

 

 

デトランスαの副作用の真実